フィジーをキャンセルして、マレーシアへ英語を習いに行きましましたがそれも失敗したという話です。
(失敗したけど、マレーシア自体は気に入ったので行って良かったです。)

私の通ったマレーシア英語学校

通常、マレーシアの英語学校はグループ授業が基本です。
ですが私は、マレーシアで初のマンツーマン授業を行っている英語学校へ行きました。(検索すればすぐに出てくるとこ)

この学校は韓国人経営で、フィリピンの英語学校スタイルを真似して作られています。(マンツーマン授業メイン、3食の食事付き、寮完備)
しかしフィリピンと比べると、まだ英語留学ビジネスが確立されていない感じで、特に滞在ビザをあやふやにしている点は...もしかして、違法に当たるのでは?といった感じです。

学校への疑惑

この学校へ通う生徒たちは全員ノービザです。
日本人なら3ヶ月まで滞在出来るのでそれで問題ないという事なんだけど、じゃあ3ヶ月以上滞在したい人はどうするのか?というと、ホームページにも書かれていますが、3ヶ月以上滞在する人にはシンガポール旅行をプレゼントがあるんです(笑)
ようするに、いったんシンガポールへ出てもらって再度マレーシアに入国してもらい、ビザのすり抜けをさせるんです。
だから3ヶ月以上滞在する人は、このプレゼント旅行に強制的に行かされます。(行かないと不法滞在になるんで)

で、学生ビザが出ない事を不審に思い無認可学校じゃないの?と訪ねてみた事があるんだけど、「うちは認可校です。以前にビザを申請した生徒もいるが、手続きがとても大変で結局書類に不備があってビザが降りなかったこともあるので、今は3ヶ月したらシンガポールにいったん出てもらって〜」だとか、「別に学生ビザ申請しても良いですけど、あなただと年齢的にビザが出にくいですよ」だとか、どうも言ってる事が怪しいんです。
おそらくこの学校は無認可の学校なので、本当はビザなんて発給されないんだと思います。
ビザについての説明を、日本側の留学斡旋業者に求めても「うちは知らない。認可校だって聞いてる。学校側に聞いてくれ。」としか答えてくれませんでした。

まあ、いちおう日本人なら3ヶ月まではノービザでマレーシアに滞在出来るので、学生ビザの話はOKとしましょう。
しかし問題なのは、就労ビザも出ていなかったということです。
この学校の英語講師達の大半は外国から来た先生達なのですが、まさかのノービザだったらしく、つい最近聞いた話では多くの講師たちがイミグレに捕まってしまい、授業が休講になってしまったとかなんとかです...
そんな事があるなんて!!
今までも校長が賄賂を払って先生達のノービザをごまかしてきたという噂があったんだけど、本当だったみたいですね。

こんな感じの英語学校だったので、一緒に通っていた友達とは「いずれ潰れるだろうね」と話していたけど、今見たらまだホームページがあるから、いまだに存在はしている様です。

不満とクレーム

まあ、こんな感じの学校なので、生徒達からの不満やクレームも山ほどありました。

私が聞いた中で1番驚いた話は、「追加分の電気代を日本人だけに請求してきた」というものです。
通常は日本人と韓国人が4〜6人くらいで部屋をシェアして使うのですが、その中の1人の韓国人学生が、毎日授業をさぼって1日中部屋でエアコンを使っていたらしいのです。
どう考えてもその子が原因で電気代が上がってしまったのに、本人は先に帰国してしまったので残っている日本人ハウスメイト達に追加分の電気代請求が来たんだそうです。
そんなのどう考えたっておかしいので、日本側の留学斡旋業者に相談したそうです。
すると、「以前に同じケースがあって学校が韓国人にその事を話した所、韓国人側から日本人をひいきしているなどとのクレームが来たため、今後は生徒同士で解決してもらうことになりました」という、訳の分からない回答をされたそうです。
てゆうか以前にも同じケースがあって、行き着いた解決策がそれかーい!!

おそろしい事に、この学校では本当にこういった話が何件もあるんです。

そして学校を辞めた

私は3ヶ月通う予定だったのですが、途中で辞めてしまいました。

辞めた理由は、申し込んだ部屋と違う部屋にされたからです。
現地の日本人マネージャーに何度も変更してくれと言ったけど、「あ〜そうでしたね〜変えてくれるといいですねぇ〜」と、話にならない回答しかもらえませんでした。
日本人マネージャーと言っても、生徒がバイトでやっている様な物なので、さっさと日本の斡旋業者に連絡すれば良かったのかもしれません。
それで、ついに「申し込んだ部屋と違うと何度言っても取り合ってくれないので辞めます」とメールしたら、急に態度を変えて本部から謝罪の電話が来て「1つ上のランクの部屋にしますのでお許し下さい」みたいな事を言われましたが、面倒なので辞めちゃいました。

ちなみに私が割り当てられた部屋は、本来は日本人が入る部屋ではなく全員韓国人の寮でした。
別にそれは良いんだけど本来なら男女別々に住むはずなのに、1人のハウスメイトがかなり乱れた子で、毎日お友達の男女を連れて来てリビングで酒盛りしていたので、とても騒がしかったのです。
しかも南京虫まで生息する部屋で、毎晩ろくに眠る事もできませんでした。
文句言ったら、校長がバルサン(韓国語でゴキブリ退治って書いてあった)持って部屋に来たけど、南京虫はバルサンじゃ効かないよ!

本当は素晴らしい!マレーシア英語留学(私がハズレ学校を引いただけ)

こんな英語学校に当たってしまったマレーシア留学でしたが、実は私の通った学校がイレギュラーだっただけなんです。

実は、マレーシアには英語学校がたくさんあります。
基本はグループ授業で食事や寮などは別々ですが、1ヶ月3万円程度からあるそうです。
安い学校だと学生ビザは出ないけれど、そもそも私の通った学校なんて安くないのにノービザだったしw
まあ、日本人はノービザでも3ヶ月までなら滞在出来るし、それ以上滞在したいならシンガポールへ抜ければ良いみたいですからね。

宿泊は学校と提携している寮に住んだり、友達とルームシェアしたり、ゲストハウスに泊まったりするみたいです。
一番安くて楽なのが、ゲストハウス(安宿)に泊まる事です。
1泊1500円程度のシングルルームで朝食付きのゲストハウスに泊まれば、1ヶ月で4万5千円程度です。(交渉次第で安くもなる)
昼と夜だけ外食でも、そんなにお金はかかりません。
だいたい5〜10リンギ(150〜300円)もあれば1食たべられますので、1ヶ月多めに見ても2万円あれば大丈夫!
おまけにゲストハウスに泊まれば、西洋人達と英語で話す機会が出来るので午前は英語学校で午後は英会話が出来ます。

この話は、KLのゲストハウスに泊まった時に知り合った日本人たちから聞きました。
彼らは実際にこのようにして英語学校へ通っていました。
日本からネット検索しただけでは、この方法は出てきませんよね〜

ネット検索結果の1ページ目にある情報だけを頼りにしてしまった私の失敗体験でした。