最近太ってきこともあって、二重あごが気になるなぁ〜と思ってたんですよ。
んで、ふと鏡を覗いてみると...あれ!?

あごだけじゃなくて、首にもシワができてる?

これはやばい。
二重あご+首のシワって、すんごい老けて見える。

どうにかしたい。

首のシワ対策の基本

首のシワ対策といえば、
◎枕を使わないで寝る
◎顔だけじゃなく、首にもクリームを塗る

っていうのが、私の知っている対策です。

「枕を使わないで寝る」は、根気よく続ければ効果があるんじゃないかと思っています。
と、いうのも、私の友人は美容関係をメインとした整体師をしていて、その子が言うには首のシワには骨格や姿勢が関係しているらしいのです。

女優さんでも、顔は若々しく見えるのに、首にだけクッキリと大きくシワが入っている人とかっているよね。
芸能人なら、一般人以上にしっかりとケアしているはずなのに...なぜだろう??
やっぱり、化粧品でごまかせないということは、骨格や姿勢などの問題が大きいってことですかね。

高い枕は首のシワの原因になる

例えば痩せていても2重あごの人って、いますよね。
実は私もそのタイプなのですが、首の形が前に出ている?というか、顔が通常よりも前の方に突き出しているんです。
整体でも何度か指摘されたのですが、私の場合は肩が前方にき過ぎていて、胸が縮まっているらしいです。
だから、グンと胸を張ると、自然と首や頭もまっすぐになります。
でも、常に胸を張っているのってキツいんですよ。クセになっちゃってるので。

で、この二重あごと同様に、首のシワも姿勢が原因になるんです。
胸を張ると、首のしわものびるんですよね。

▼分かりにくい図解。

もともと姿勢の悪い私が、高い枕で寝てしまうと、余計に首(頭)が前に出て来てしまうし、首にシワを作りやすくなってしまう。
って、ことです。

よし!首のシワ対策に枕を捨てよう。

ってなって、いきなり枕無しにしたら、呼吸が止まりそうになりました。
非常に危険です。

そこで整体師の友人に相談すると、タオルを枕がわりに使うといいとのアドバイスを頂きました。

バスタオルだと大きすぎるので、厚めのフェイスタオルを4つ折くらいにして、首の下にしいて枕がわりにしています。
これ、なかなかイイ感じです。

首を保湿してシワを防ぐ

首に出来るシワの場合は、姿勢や骨格も大きな原因ですが、やっぱり水分不足も原因のひとつになります。
姿勢(首の位置)を整えつつ、保湿ケアも一緒に行えば完璧。

肌にシワが出来る原因は水不足...つまり乾燥です。
庭の土だって、カラッカラに乾いてしまうと、ひび割れていきます。
それと同じ様に人間の体も、加齢とともにコラーゲンやら水分量やらが減って来るので、シワになりやすくなっていくのです。

顔に化粧水を使う時に、一緒に首まで塗るっていうのを習慣に方がいいですね。