フィリピンの英語留学から数年後、費用と時間を捻出出来そうな時期が来たので、もう一度どこかへ英語留学をすることにしました。
同じフィリピンでも良かったんだけど、ちょっと気分を変えたかったので別の国を探してみた結果、そこそこ安く行けそうフィジーへ英語を習いに行ってみることにしました。

フィジー英語留学の説明を聞きにいく

早速フィジー留学の代理店に問い合わせたら、すぐに電話がかかってきて「説明をするから来社して欲しい」と言われました。
この時点でフィリピン留学の時との違いに戸惑い、早くも面倒くさくなりました。
(フィリピン留学をする前にも問合せをしたりはしたんだけど、こんなにガツガツ来る感じじゃなくてもう少し適当というかゆるい感じだったので)

そしてフィジー留学の代理店へ向かうとは、それはそれは立派な建物の会社で...フィリピン留学の時は狭いマンションの一室みたいな代理店だったのに、だいぶ違う雰囲気です。
立派な建物の中に入ると、とても感じの良い担当者が非常に丁寧にフィジー留学の説明をしてくれました。
海外に行った事の無い人だったらこれが安心に繋がるのかもしれないけど、適当で格安だったフィリピン留学を経験している私にとっては非常に堅苦しく感じました。
実際にかかる留学費用もネットで見た数字よりも、何だかんだでだいぶ高いし...

話しを聞くと、フィジーに英語学校を初めて作ったのが日本人だったようで、そのせいで(?)手続き等がとてつもなく、面倒くさくしっかりしているみたいです。

フィジー留学の手続きをするなら、まずは病院に行って健康診断をしてもらって、その結果を英文で出してもらって...とか、め、め、め、面倒臭い!
提出する書類も多いくて、ワケが分からない感じです。

それでも、せっかくマンツーマンで説明してもらったし、わざわざ来たんだから「このまま申し込んじゃえ!」というノリで、フィジー留学の手続きを進める事にしました。

でもやっぱりキャンセルした

色々な書類の説明を、右から左へ聞き流しながら「うんうん、はいはい」と相づちをうっていると、担当者さんが「それでは、これらの書類にサインをしてください」と大量の契約書を広げてきました。

え、なになに、聞いてなかった、え、なに?この量...

「何かあった時には、自己責任ですよ」みたいなな文章だったんだけど、こんなのフィリピンの時はいっさい無かったというか、ネットで申し込みをクリックして「はい、ありがとうございました」で終了だったんで、大量の書類にサインをする事にちょっと抵抗を感じました。
そして、急激に冷めてきました。

格安の英語留学ってその適当さにも魅力を感じていたので、堅苦しい感じがするのはイヤだな〜・・・と思い、契約の途中でしたがキャンセルすることにしました。
キャンセル理由を聞かれたので適当な事を言っておきましたが、最後まで担当者さんは丁寧で感じよく対応してくれました。

書類のサインや提出が面倒くさいというのもキャンセル理由だけど、実は思っていたよりも費用がかかりそうな事が1番の理由でした。
一番、納得がいかなかったのが航空券です。
私は空港から学校まで自力で行きたかったのですが、フィジーでそれは不可能なんです。
空港へ迎えに行く係の人がVISAの手続きとかをするから、かならず指定の時間に到着してもらわないと駄目だと言われました。
到着する便が決まっているということは、自分で格安の航空券を探して買えないってことです。
そこで「提携している旅行会社があるので、こちらで手配した方がお得です」と、まったくお得ではない値段を提示されました。(こういう所でも儲けてるのかな)

まあでも欧米へ行く事なんかに比べたら格安なんで、特に学生さんには良いかも知れませんね。
南の島で3ヶ月の英語留学!とか、私も学生だったら親に土下座して頼んでたと思います。

フィジー留学は、全て込みのパックツアーみたいな感じですね。
私は個人旅行の方が好きなので、結局マレーシアに英語を習いに行く事に決めました。