数年前までは、アスタキサンチンなんて言葉まったく知らなかったけど、ここ最近は良く聞く様になりました。
鮭などに含まれるオレンジ色の成分「アスタキサンチン」は、その強い抗酸化作用からアンチエイジングに効果があると言われています。

アスタキサンチンの美肌効果

年を取るとともに、体内の活性酸素が増えて、シミ・シワを作っていきます。
これが、酸化するという事で、簡単に言うと、酸化するという事は老化するという事です。

この活性酸素による酸化を抑えてくれる事を、抗酸化と言います。

アスタキサンチンの抗酸化作用は、ビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約100〜1000倍と言われています。
なので、酸化=老化と考えると、アスタキサンチンの抗酸化作用は最強のアンチエイジング成分と言えます。

その他にも、アスタキサンチンは、シミ予防や免疫力アップにも効くと言われています。

アスタキサンチンの摂取量&食べ物

アスタキサンチンは鮭・いくら・カニ・海老など、オレンジ色をした魚介類に多く含まれています。

私はてっきり、オレンジ色の魚介類は全部アスタキサンチン含んでいるんだろうと思って、つい最近まで明太子も必死に食べていました。
しかし、明太子の色味はアスタキサンチンじゃないらしいです...

アスタキサンチンかどうかのポイントは、加熱した時に赤くなるかどうか、らしいです。
明太子のオレンジは、加熱して赤くならないので、アスタキサンチンではないのです。

アスタキサンチンの摂取量は、1日に6mg程度摂取すると効果があると言われてます。
これは、紅鮭だと切り身で2切れ程度、車エビで60匹程度、イクラだといくら丼2杯(200g)程度、毛ガニだと5匹程度の量です。

車エビ60匹...無理だろ。

この中で、1番現実的なのは紅鮭の切り身ですかね。
鮭の中でも、紅鮭が1番アスタキサンチンの含有量が多いそうです。

さっそく、スーパーに買いに行きましょう。
イクラやカニは高すぎて毎日は食べられないけど、鮭なら割といけます。
まぁ、さすがに毎日紅鮭2切れを食べ続けるのはキツいので、長く続けたい場合はサプリメントが良いかもね。

なお、今のところ、アスタキサンチンの副作用等は報告されていない様なので、たくさん食べても問題無さそうです。
アスタキサンチンは、加熱してもほとんど成分が失われる事が無いので、焼き鮭にして食べるのがいいかと思いますよ。
(生でたくさん食べるのはアニキサスが怖い)